2020年最高のVPN

  • IPアドレスを非表示にして匿名でサーフィンする
  • 中国を含む海外の日本のウェブサイトのブロックを解除します
  • 海外から日本限定のサービスが利用できる
  • 米国ネットフリックス、ディズニープラス見る
利用可能なプラットフォーム:WindowsMacOSiOSAndroidLinux
Top10VPN.com is an independent review site funded by referral fees. We may be paid compensation when you buy a VPN through our links. This does not affect our reviews which are based on thousands of hours of research and testing. It may impact the location, prominence and order in which these VPNs appear. We regularly review new VPNs but do not feature every VPN product on the market. To learn more, see How We Review VPNs and How We Make Money.
弊社のトップ10評価
のスコアmore information弊社のスコアは、Top10VPN.comの主観的な意見に基づきます。影響を与える要因には、テストパフォーマンスやコンシューマーの購買行動が含まれます。Change sort order
1 / 推奨される
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
評価

超高速で信頼性抜群。ストリーミングに最適。ChromeとFirefoxの拡張機能です。24時間年中無休のカスタマーサポート。

  • 匿名でTorrentファイルをダウンロードする
  • 30日間返金保証
  • 日本の高速サーバー
  • あらゆるデバイスに対応する最高速のVPN
  • 中国で使用可能
  • 90カ国以上に接続
ExpressVPNを今日選んだユーザー数は9,000名以上
9.8サイトへ移動Expressvpn.com へ移動
2
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
評価

ストリーミングとプライバシーのバランスが絶妙。高速接続と詳細なプライバシー設定が特長。ChromeとFirefoxの拡張機能です。24時間年中無休のカスタマーサポート。

  • 匿名でTorrentファイルをダウンロードする
  • 30日間返金保証
  • 日本の高速サーバー
  • 40カ国以上に接続
9.2サイトへ移動Piavpn.com へ移動
3
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
評価

接続速度を損なわず、プライバシーニーズにも応える優れたソリューション。ChromeとFirefoxの拡張機能です。24時間年中無休のカスタマーサポート。

  • 匿名でTorrentファイルをダウンロードする
  • 30日間返金保証
  • 日本の高速サーバー
  • 50カ国以上に接続
9.0サイトへ移動Surfshark.com へ移動
4
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
評価

信頼性が高く使いやすい。広告ブロッカーとマルウェアプロテクション機能を搭載。ChromeとFirefoxの拡張機能です。24時間年中無休のカスタマーサポート。

  • 匿名でTorrentファイルをダウンロードする
  • 45日間返金保証
  • 日本の高速サーバー
  • 80カ国以上に接続
8.5サイトへ移動Hotspotshield.com へ移動
5
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
評価

ストリーミングとプライバシーのバランスが絶妙。ライブチャットによる24時間年中無休のカスタマーサポート。

  • 匿名でTorrentファイルをダウンロードする
  • 30日間返金保証
  • 日本の高速サーバー
  • 55カ国以上に接続
8.2サイトへ移動Nordvpn.com
6
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
評価

世界中にサーバーが設置されているVPN。高速ストリーミング。ChromeとFirefoxの拡張機能です。24時間年中無休のカスタマーサポート。

  • 特別なストリーミングサーバー
  • 30日間返金保証
  • 日本の高速サーバー
  • 190カ国以上に接続
8.0サイトへ移動Hidemyass.com へ移動

よくある質問

  • VPNに接続するにはどうすれば良いですか?

    ほとんどの場合、VPN接続するデバイスにインストールするVPNクライアント(ソフトウェア)を使用します。VPNクライアントには、世界中に設置されたさまざまなサーバーに接続するオプションがあります。利用可能な場所の数は、接続先として選択するVPNプロバイダーに応じて異なります。VPNを使用することで、接続する必要があるサーバー、ネットワーク、その他のデジタルデバイスとご使用のデバイス(デスクトップ、ラップトップ、タブレット、スマートフォン)との間に安全な接続を確立できます。

    なお、VPNはネットワーキングプロトコルを使用します。これは、VPNを介して送受信する情報の暗号化にVPNが使用する言語です(詳しくは、専用プロトコルアンサーを参照)。

    使用するVPNの種類は、インターネットへの接続方法と接続のセキュリティレベルに応じて異なります。

    ほとんどの場合、プロバイダーに登録後セットアップソフトウェアをダウンロードし、ご使用のデバイスにインストールすると、VPNをセットアップできるようになります。VPNの大半は、すべての主要OSに対応したソフトウェアを提供しています。

  • VPNを使用するとどのようなメリットがありますか?

    VPNを使用すると大きな利点がある例は数多くあります。IP VanishやHide My Assなどの企業は、幅広い有料VPNサービスを提供しています。その主なメリットは以下のとおりです。

    1.セキュリティ強化

    VPNによるセキュリティの強化は、VPNを使用する最も適切な理由です。インターネット経由で機密情報を送受信する場合、VPNは必須です。必要なセキュリティレベルをVPNプロトコルに一致させると、常にオンラインの安全を保証できます。

    2.プライバシーと匿名性

    全体的にプライバシーを守る必要がある場合、VPNは理想的なソリューションです。プロキシサービスや、デバイスのIPアドレスを非表示にするアプリケーションとは異なり、VPNではご使用のデバイスと接続先のサーバーまたはネットワークとの間でセキュア接続が確立されるため、プライバシーレベルが大幅に向上します。

  • 有料VPNと無料VPN

    世界中にVPNプロバイダーは数多く存在し、その多くが無料でサービスを提供しています。問題は、無料サービスが提供する速度、信頼性、セキュリティ、サポートのレベルがどれくらいかということです。VPNの主な使用目的がコンテンツのストリーム配信である場合、接続の速度と信頼性はプロバイダー選びの際に考慮するべき重要な要因です。また、VPN接続は機密情報を転送する可能性もあるため、安全かつ効率的なネットワーク経由で堅牢な暗号化による送信を保証することが重要です。以下に重要な検討事項をまとめます。

    セキュリティは、VPNプロバイダー選びの際に極めて重要な要因です。ほとんどの場合、無料のVPNサービスはセットアップが最も簡単なPPTP(Point-to-Point Tunnelling Protocol)を提供します(これは、すべてのOSに組み込まれたVPNプロトコルでもあります)。PPTPの一部にはセキュリティの欠陥が指摘されており、このプロトコルを使用するVPN接続は攻撃に対する脆弱性が高くなっています。一方、ExpressVPNやPureVPNなどの有料サービスは、IPsec(Internet Protocol Security)やL2TP(Layer 2 Tunnelling Protocol)など、PPTPよりも本質的にセキュリティの高いVPNプロトコルを数多く提供しています。

    ただし、VPNで使用されているプロトコルは、VPNの効果を判定するときに考慮される要素の1つに過ぎません。もう1つの極めて重要な要因は、VPNサービスで利用可能な帯域です。無料サービスでは、高速インターネット接続に投資するほど収益が出ないため、貧弱で低速の回線となってしまうのが現実です。一方、有料VPNはインフラ投資に必要な資金があるため、顧客により安全な高速回線を提供できます。

    セキュリティと帯域のほか、接続可能なサーバー数も重要です。有料VPNサービスは、膨大な数のサーバーに投資できるほど収益があるのでユーザーに高速VPN常時接続を保証するため、バッファリングの問題や接続不良を起こさずにコンテンツをストリーム配信できます。

    また、有料サービスは無料サービスに比べ、カスタマーサービスがはるかに優れています。無料サービスでは、VPNに問題が発生した場合に自分で解決する必要があることが多いのですが、有料サービスにはヘルプが組み込まれているので問題を速やかに解決できます。また、オンラインで問題を解決できない場合、有料VPNは電話による便利なカスタマーサービスも提供しています。

    したがって、有料サービスには無料サービスに比べ数多くのメリットがあります。まとめ:

    堅牢性の高いセキュリティ
    複数のVPNプロトコルを選択可能
    膨大な数のサーバー(と場所)にアクセス
    高速接続用の高い帯域
    専門カスタマーITサポートを利用可能(多くは24時間年中無休)

  • どのデバイスやOSでもVPNは使用できますか?

    一般的に、ほとんどのVPNは使用する予定のデバイスで多かれ少なかれ使用できますが、登録する予定のVPNがご使用のOSに対応していることを確認してください。たとえば、SaferVPNとCyberGhostはすべての有名OSをサポートしています。

    必要なセキュリティレベルは、適切なVPNプロトコルの選択も意味します。VPNベンダーが、特定のOSに利用可能な各種プロトコルを用意していることを確認してください。したがって、採用するVPNプロトコルの評価に時間をかけ、どのVPNベンダーがそれを使用するOSに提供しているかを確認する必要があります

ほとんどの場合、VPN接続するデバイスにインストールするVPNクライアント(ソフトウェア)を使用します。VPNクライアントには、世界中に設置されたさまざまなサーバーに接続するオプションがあります。利用可能な場所の数は、接続先として選択するVPNプロバイダーに応じて異なります。VPNを使用することで、接続する必要があるサーバー、ネットワーク、その他のデジタルデバイスとご使用のデバイス(デスクトップ、ラップトップ、タブレット、スマートフォン)との間に安全な接続を確立できます。

なお、VPNはネットワーキングプロトコルを使用します。これは、VPNを介して送受信する情報の暗号化にVPNが使用する言語です(詳しくは、専用プロトコルアンサーを参照)。

使用するVPNの種類は、インターネットへの接続方法と接続のセキュリティレベルに応じて異なります。

ほとんどの場合、プロバイダーに登録後セットアップソフトウェアをダウンロードし、ご使用のデバイスにインストールすると、VPNをセットアップできるようになります。VPNの大半は、すべての主要OSに対応したソフトウェアを提供しています。

VPNを使用すると大きな利点がある例は数多くあります。IP VanishやHide My Assなどの企業は、幅広い有料VPNサービスを提供しています。その主なメリットは以下のとおりです。

1.セキュリティ強化

VPNによるセキュリティの強化は、VPNを使用する最も適切な理由です。インターネット経由で機密情報を送受信する場合、VPNは必須です。必要なセキュリティレベルをVPNプロトコルに一致させると、常にオンラインの安全を保証できます。

2.プライバシーと匿名性

全体的にプライバシーを守る必要がある場合、VPNは理想的なソリューションです。プロキシサービスや、デバイスのIPアドレスを非表示にするアプリケーションとは異なり、VPNではご使用のデバイスと接続先のサーバーまたはネットワークとの間でセキュア接続が確立されるため、プライバシーレベルが大幅に向上します。

世界中にVPNプロバイダーは数多く存在し、その多くが無料でサービスを提供しています。問題は、無料サービスが提供する速度、信頼性、セキュリティ、サポートのレベルがどれくらいかということです。VPNの主な使用目的がコンテンツのストリーム配信である場合、接続の速度と信頼性はプロバイダー選びの際に考慮するべき重要な要因です。また、VPN接続は機密情報を転送する可能性もあるため、安全かつ効率的なネットワーク経由で堅牢な暗号化による送信を保証することが重要です。以下に重要な検討事項をまとめます。

セキュリティは、VPNプロバイダー選びの際に極めて重要な要因です。ほとんどの場合、無料のVPNサービスはセットアップが最も簡単なPPTP(Point-to-Point Tunnelling Protocol)を提供します(これは、すべてのOSに組み込まれたVPNプロトコルでもあります)。PPTPの一部にはセキュリティの欠陥が指摘されており、このプロトコルを使用するVPN接続は攻撃に対する脆弱性が高くなっています。一方、ExpressVPNやPureVPNなどの有料サービスは、IPsec(Internet Protocol Security)やL2TP(Layer 2 Tunnelling Protocol)など、PPTPよりも本質的にセキュリティの高いVPNプロトコルを数多く提供しています。

ただし、VPNで使用されているプロトコルは、VPNの効果を判定するときに考慮される要素の1つに過ぎません。もう1つの極めて重要な要因は、VPNサービスで利用可能な帯域です。無料サービスでは、高速インターネット接続に投資するほど収益が出ないため、貧弱で低速の回線となってしまうのが現実です。一方、有料VPNはインフラ投資に必要な資金があるため、顧客により安全な高速回線を提供できます。

セキュリティと帯域のほか、接続可能なサーバー数も重要です。有料VPNサービスは、膨大な数のサーバーに投資できるほど収益があるのでユーザーに高速VPN常時接続を保証するため、バッファリングの問題や接続不良を起こさずにコンテンツをストリーム配信できます。

また、有料サービスは無料サービスに比べ、カスタマーサービスがはるかに優れています。無料サービスでは、VPNに問題が発生した場合に自分で解決する必要があることが多いのですが、有料サービスにはヘルプが組み込まれているので問題を速やかに解決できます。また、オンラインで問題を解決できない場合、有料VPNは電話による便利なカスタマーサービスも提供しています。

したがって、有料サービスには無料サービスに比べ数多くのメリットがあります。まとめ:

堅牢性の高いセキュリティ
複数のVPNプロトコルを選択可能
膨大な数のサーバー(と場所)にアクセス
高速接続用の高い帯域
専門カスタマーITサポートを利用可能(多くは24時間年中無休)

一般的に、ほとんどのVPNは使用する予定のデバイスで多かれ少なかれ使用できますが、登録する予定のVPNがご使用のOSに対応していることを確認してください。たとえば、SaferVPNとCyberGhostはすべての有名OSをサポートしています。

必要なセキュリティレベルは、適切なVPNプロトコルの選択も意味します。VPNベンダーが、特定のOSに利用可能な各種プロトコルを用意していることを確認してください。したがって、採用するVPNプロトコルの評価に時間をかけ、どのVPNベンダーがそれを使用するOSに提供しているかを確認する必要があります